menu

ネットビジネスで成功する方法

今回の記事を読んで、MaicroSoftのアプリを、起動してみたら
タイトルバーに”非商用目的”、”ライセンスのない製品”と表示されて、正常に起動しない時の対処方法を知る事ができます。

こんにちは ともみです。

昨日まで普通に使えていたWord2013、Excel2013、PowerPoint2013などが
今日、起動してみたら、タイトルバーに”非商用目的”、”ライセンスのない製品”と表示されて、プログラムが終了してしまう。

Windows7だと、定番の修復や再インストールになるそうです。

Windows8/8.1を利用のケースや、試してないですが、もしかしたらWindows10を利用の方も対処方法の1つとして使えるかもしれません。

【対処方法】

それでは、その対処方法です。実は”完全シャットダウン” をすることです。

完全シャットダウンのやり方は何通りかありますが、ここでは、一つの方法として、”PC設定の変更” から行う方法をご説明いたします。

1) Windowsキー(スタートキー) + I にて、設定チャームを表示します
2) 設定チャームの右下にある “PC設定の変更” をクリックします
3) ”PC設定”の画面に移行したら、左ペインの “保守と管理” をクリックします
4) ”保守と管理” の画面が以降後、左ペインの “回復” をクリックします
5) 右ペインの中から、”PCの起動をカスタマイズする” にある “今すぐ再起動する” をクリックします
6) ”オプションの選択” 画面になりますので、”PCの電源を切る” をクリックします

これで一旦、完全にPCの電源が切れることになります。

この後、再度PCの電源を入れていただき、起動したところで、Word2013やExcel2013など、トラブルになっていたOfficeの各アプリを起動してみてください。

もっともこれで改善されない場合には、修復や再インストールをお試しいただくことになります。

Windows8以降のPCは、その起動を早く行うため、”高速スタートアップ” という機能が既定で有効になっています。

当然、普段はこれが有効でも正常に動作しているはずですが、今回のようにOffice2013のアプリが、ある時から突然 “ライセンスのない製品” と表示されるという場合には、ぜひ試してみてください。

 

 

・完全シャットダウンの方法 ( Windows8 )/マウスコンピューター

参考までに、今回 Windows 10 上でも起こりうるということで、Windows 10 も含めたわけですが、これは Windows 10 においても、この “高速スタートアップ” は既定で有効だからです。

とりあえず動作の不具合などがあった場合には、一度再起動してみる。

この再起動も、Windows7までであれば、単純に再起動しても、完全に電源が切れて、

POST処理 ⇒ OSの初期化 ⇒ ユーザー・セッション開始

といったブート処理が実施されるわけですが、

Windows 8以降の場合には、そうならないので、同じ再起動といっても、時に “完全シャットダウン” が必要な時
があるという事。 


何か?の時には、まずは再起動。ぜひお試しください。

1日1クリックして頂けると励みになります♪

  ↓


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031